||| ||| ||| |||
新興成長国基礎データ
投資の視点
・中国株レポート
1. 守株
2. 高度経済
成長時代の
3. 日本の高度
経済成長期と
似た国
4. 高度経済
成長を続ける
中国
5. 成長時代の
日本と似た
中国

中国株レポートはシリーズになっています。その1≠ゥら順番にお読みくださいね。
中国株レポート
株を守る 中国の故事


『株を守る』と言う格言があります。

畑を耕している者がいました。畑に切り株があり、ウサギが駆けてくるなり、切り株に当たり、頚を折って死んでしまいました。

それからというもの、男は自分の耡(すき)をほうり出して切り株の見張りをし、もう一度ウサギをせしめてくれようとしました。

でも、ウサギは2度とは手に入らず、その身は宋国の笑い者になったという話を韓非子がしました。

株を守るとは
いつまでも古い習慣を固守して、時に応じて処理する能力が乏しいこと。
また、進歩がないことを指します。




        「日本株が上昇する」という確固たる理由があるならば、「切り株を見守り、兎を得る」という「因果」も現実的な行動になります。

しかし「日本株が上昇する」という確固たる理由がないならば、「切り株を見守り、兎を得る」という「因果」は意味を持ちません。

従って、「因果」を成立させる「条件」を見極めることによって、現在の状況に相応しい対策を考えるべきです。

過去の「因縁」に左右され、物事の本質を見誤ってはならないのです。
2002年、おじいさんの古時計という歌が流行りましたね。それをもじってこんな歌が出回りました。

大きな含損の古株券
おじいさんの株券
100年いつもナンピンしてた
ご自慢の株券さ
日経平均3万の朝に
買って来た株券さ
今は もう 役立たず
その株券
100年休まずに
続落続落
塩爺さんと一緒に
続落続落
今はもう戻らない
この株価


「日本株が上昇する」という確固たる理由があるならば、「株を見守り、儲けを得る」という「因果」も現実的な行動になります。

しかし「日本株が上昇する」という確固たる理由がないならば、「株を見守り、儲けを得る」という「因果」は意味を持ちません。

株式市場の成績はその国の経済状況に密接に関連します。

低い経済成長国では低いリターンかマイナスとなります。
かたや、高い経済成長国では高いリターンが期待できます。

景気が良く、高成長経済では国民の豊さが増して行きます。
そして、購買力が増し、購買意欲が旺盛になります。

商品が不足し、新製品に対する需要が満たされない状態が続き、ビジネスチャンスが多くなります。

需要が拡大するにつれ、資金ニーズが高まり、資本・株式市場が活況となるのです。




【その1】 守株
【その2】 高度経済成長時代の株
【その3】 日本の高度経済成長期と似た国
【その4】 高度経済成長を続ける中国
【その5】 成長時代の日本と似た中国
【その6】 高成長なのに下がるおかしな株価
【その7】 疑わしい経済成長率
【その8】 国内企業でなく外資企業が成長の原動力
【その9】 共産主義国家の落し穴
【その10】 中国株式市場の全体像
【その11】 時価総額と売買代金
【その12】 株価とバリュエーション
【その13】 世界の投資家専門家は中国株をアンダーウェート
【その14】 中国株式の問題点
【その15】 賢い中国株投資はこうする
【その16】 彼を知り己を知れば百戦危うからず

【その6】からは、一般公開はいたしません。
会員制メール倶楽部『徒然』の皆様には小冊子でご覧頂けます。



このサイトで使用されているすべての写真・文章・画像の無断転載使用を禁じます。
Copyright(2002-2016) かんたん株式会社
このホームページは、投資の知識を身に付けていただくために作られています。かんたん鰍ヘ、投資塾や個別コンサルテイングのみ行っており、金融商品の販売は行なっておりません。投資等のご判断は、自己責任にてするものです。このサイトのご利用により損害が生じても、当社は、その責を負いません