||| ||| ||| |||
1.積立預金をしてきた
あなたへ
2.一万円から始めよう
3.節約しないで毎月
10万円貯める方法
4.1990〜2002年は
投資家にとっての
最良の時
5.投資には儲かる
方法と儲からない
方法の2つある
6.安全確実に、
4年間で100万円を
2倍にする方法
7.投資や預金をする
ときに誰に相談
してますか?
8.あなたに必要なお金
9.生涯金計算

童話が教える投資
1. 赤ずきんちゃん
2. 裸の王様
3. 三匹のこぶた


童話が教える投資


ある村に小さな女の子がお母さんといっしょに暮らしていました。

いつも赤いフードをかぶっていたので、赤ずきんちゃんと呼ばれていました。

ある日、赤ずきんちゃんは、拾母さんに、森のはずれに住むおばあちゃんの家へのお使いを頼まれました。「決して、遭草しないで行くのよ」でも、赤ずきんちゃんは、途中出会ったオオカミに誘われ、おばあちゃんに花束も持っていってあげようと、花を摘みます。

おばあちゃんの家に行くと、おばあちゃんの様子が少し変です。耳は大きいし、お口は大きいし…。それは、ひと足先におばあちゃんの家に行き、おばあちゃんを飲み込んでしまったオオカミだったからなのです。

とうとう赤ずきんちゃんもオオカミにひと口で食べられてしまいます。満腹して寝てしまったオオカミの大いびきを聞きっけた狩人が、オオカミの持腹を裂いて取り出してくれたので、おばあちゃんと赤ずきんちゃんは無事でした。

『赤ずきんちゃん』に学ぶ投資の秘密

自分自身の未熟さに対する認識の欠如が過ちを生む!

赤ずきんは、「おばあちゃんをお見舞いしよう」という誠意を持っていたし、「お使い」という職務もよくわきまえていました。しかし彼女は、自分の欲望を満たしてくれる、信用できない狼の薦めにのり、道草をしました。

母親から適切な指示も受けていたにもかかわらずです。それだけではなく、不用意にあまりに多くの情報をオオカミに与えてしまいました。

オオカミが特定のターゲット(おばあさん)の身元と居場所を知り、彼女を飲み込む策略を計画・実行するのに十分なだけの情報を教えて、身内のものに被害をもらしたのです。

彼女の最大の過ちは、自分自身の未熟さを認識していなかったことです。

自分の限界をもう少し切実に自覚していたなら、そして、質問することを厭わなかったら、安易にオオカミの言葉を信じるのではなく、もっと注意したはずです。

しかし、彼女は自分自身の未熟さを自覚せず、自分の考えよりも、「おまえのこ言葉をよく聞こえるように耳が大きい」「おまえのことをもっと良く見えるように目が大きい」 と、いった相手の言葉を信じてしまいました。

もし赤ずきんが自分の未熟さを自覚しているなら、自分が良く理解できて納得させるまで、オオカミに質問をしたことでしょう。

少しぱかりの単純な説明では満足せず、確かに自分のおばあさんであることを確認できるような質問をしたはずです。

たとえば、おばあさんが編み物が得意なら、新しい編み方を教えて、といった具合に。投資というお金の絡む世界では、あなたは赤ずきんになりやすいのです。投資や経済にはフリーランチ(ただ飯)は存在しないと、語り継がれています。

しかし、「あの会社が、銀行がやっているから大丈夫。」「リスクはありません。今がチャンスです。」と耳障りの良い言葉をささやく人に事欠きません。私たちも、欲深い性格が無いとはいえませんから、こうした甘いささやきに「ちょっとだけ」と、つい乗ってしまいがちです。

きちんとしたスーツを着て、きれいな店舗にいる人と話をするとそれだけで、相手のことを信用してしまい、必要の無い個人情報まで教えてしまうこともあります。

また、 「こんな基礎的な質問を聞いていいのかしら」「こんな素朴な質問をしたら笑われないだろうか」と、変に萎縮してしまい、自分の未熟さを隠してしまいます。

通常の一般常識どおりに、素朴な疑問をセールスマンに聞いていけばすぐ矛盾が暴露できるような質問をする人はわずかしかいません。自分の感覚のなかでちょっとした疑問がのこっているなら、納得するまで、質問を繰り返していくことが自分を守るためには必要なのです。



このサイトで使用されているすべての写真・文章・画像の無断転載使用を禁じます。
Copyright(2002-2017) かんたん株式会社
このホームページは、投資の知識を身に付けていただくために作られています。かんたん鰍ヘ、投資塾や個別コンサルテイングのみ行っており、金融商品の販売は行なっておりません。投資等のご判断は、自己責任にてするものです。このサイトのご利用により損害が生じても、当社は、その責を負いません